Tera Term Pro コマンドライン

Tera Term Pro を起動するときのコマンドライン(ショートカットのリンク先)の形式

TTERMPRO [ <host>[[:]<TCP port#>] | telnet://<host>[:<TCP port#>][/] | \\<server>\pipe\<pipe name>]
         [/B] [/BAUD=<speed>] [/C=<serial port#>] [/DS] [/E] [/ES]
         [/F=<setup file>] [/FD=<file transfer directory>]
         [/H] [/I] [/K=<keyboard setup file>]
         [/KR=<kanji code (receive)>] [/KT=<kanji code (transmit)>]
         [/L=<log file>] [/LA=<language>] [/M=<macro file>] [/NOLOG]
         [/P=<TCP port#>] [/R=<replay file>] [/SPEED=<speed>] [/T=<telnet flag>]
         [/TEKICON=<icon name>] [/TIMEOUT=<connecting timeout value>]
         [/V] [/VTICON=<icon name>] [/W="<window title>"] [/WAITCOM]
         [/X=<window pos (x)] [/Y=<window pos (y)] [/PIPE]
         [/AUTOWINCLOSE=<flag>] [/OSC52=<operations to permit>]
         [;<comment>]

オプション

<host>
ホスト名または IP アドレス
<host>:<TCP port#>
TCP ポート番号つき <host>
<host> と <TCP port#> の間に":"が置かれる。
<host> <TCP port#>
TCP ポート番号つき <host>
<host> と <TCP port#> の間に1個以上の空白文字が置かれる。
<host> のすぐ後にくる数字は TCP ポート番号とみなされる。
telnet://<host>[:<TCP port#>][/]
URL形式 - telnetハンドラ用
TCP ポート番号および末尾の / は省略可能。
TCP ポート番号が省略された場合は23となる。(設定ファイルのTCPPortの値は無視される)
\\<server>\pipe\<pipe name>
パイプ名
<server> 上の名前付きパイプ <pipe name> に接続する。
\\.\pipe\<pipe name> とした場合はローカルの名前付きパイプに接続する。
/B
Telnet バイナリオプション
/BAUD=<speed>
シリアルポートのスピードを指定します。/SPEED= と同じ動作です。 指定した値が実際に反映されるかは、シリアルポートのチップ・ドライバの仕様によります。
/C=<serial port#>
シリアルポート シリアルポート番号の最大値はデフォルトで256となっています。MaxComPortで最大値を変更できます。
/CDATABIT=<value>
シリアルポートのデータビット
/CPARITY=<value>
シリアルポートのパリティ
/CSTOPBIT=<value>
シリアルポートのストップビット
/CFLOWCTRL=<value>
シリアルポートのフロー制御
/CDELAYPERCHAR=<value>
シリアルポートの一文字あたりの送信遅延時間(ミリ秒)
/CDELAYPERLINE=<value>
シリアルポートの一行あたりの送信遅延時間(ミリ秒)
/DS
起動時に "New connection" ダイアログを表示しない
/E
TCPLocalEcho/TCPCRSend の設定を無効にする
/ES
起動時に "New connection" ダイアログを表示する
Tera Term はポートの種類が TCP/IP の場合に "New connection" ダイアログを表示しますが、HostDialogOnStartup を off にすることでダイアログを表示しないようにできます。/ES オプションは HostDialogOnStartup が off になっていても "New connection" ダイアログを表示させるために用います。
Tera Term はポートの種類が Serial の場合には "New connection" ダイアログを表示しません。ポートの種類が Serial の場合に /ES オプションはなにも作用しません。
/F=<setup file>
設定ファイル
/F=TERATERM.INI (省略時)
ファイル名が絶対パスでないときは、ttermpro.exe からの相対パスと見なされます。
/FD=<file transfer directory>
ファイル転送用ディレクトリ
/H
タイトルバーを隠す
/I
起動時にアイコン状態にする
※ログオフ状態でWindowsタスクスケジューラから実行する場合にも指定してください。
/K=<keyboard setup file>
キーボード設定ファイル
/K=KEYBOARD.CNF (省略時)
ファイル名が絶対パスでないときは、ttermpro.exe からの相対パスと見なされます。
/KR=<kanji code (receive)>
漢字コード (受信)
/KT=<kanji code (transmit)>
漢字コード (送信)
/L=<log file>
起動時にログを開始
/LA=<language>
言語モード
/M=<macro file>
起動時にマクロを実行
ファイル名が絶対パスでないときは、ttermpro.exe からの相対パスと見なされます。
/MN=<multicastname>
sendmulticast マクロコマンドで指定するためのマルチキャスト名
/NOLOG
起動時にログを開始しない
/OSC52=<operations to permit>
ホストからのクリップボードアクセスで許可する操作
/P=<TCP port#>
TCP ポート番号
/R=<replay file>
ファイルを再生
/SPEED=<speed>
シリアルポートのスピードを指定します。/BAUD= と同じ動作です。 指定した値が実際に反映されるかは、シリアルポートのチップ・ドライバの仕様によります。
/T=<telnet flag>
/TEKICON=<icon name>
TEKウインドウのウインドウアイコンを指定する。icon nameには、設定ファイルのTEKIcon設定と同じ物が使用できる。
/TIMEOUT=<connecting timeout value>
接続中の処理をキャンセルするまでの時間(秒単位)
/V
ウィンドウが見えない状態で起動
/VTICON=<icon name>
VTウインドウのウインドウアイコンを指定する。icon nameには、設定ファイルのVTIcon設定と同じ物が使用できる。
/W=<window title>
ウィンドウのタイトル
/WAITCOM
起動時に/Cで指定されたシリアルポートが存在しない場合、シリアルポートの接続を待ちます。
/X=<window position (x)>
ウィンドウの位置(水平)
/Y=<window position (y)>
ウィンドウの位置(垂直)
/PIPE
名前付きパイプへ接続する。このオプションを指定すると、以下のルールでホスト名(パイプ名)が補われる。
/AUTOWINCLOSE=<flag>
自動的にウィンドウを閉じる(AutoWinClose)
;<comment>
コメント。コマンドラインの最後に置く必要がある。

TTERMPRO
TTERMPRO myhost.example.com
TTERMPRO myhost.example.com:23
TTERMPRO myhost.example.com 23
TTERMPRO 192.0.2.1
TTERMPRO myhost.example.com /T=0 /P=7
TTERMPRO \\.\pipe\vmware-serial-port
TTERMPRO /C=1
TTERMPRO /F=TELNET.INI
TTERMPRO foohost.example.org /F=FOOHOST.INI
TTERMPRO /C=2 /SPEED=9600 /F=MYSETUP.INI
TTERMPRO /K=MYKEY.CNF /W="My host"
TTERMPRO /R=README.TXT ; replay a file
TTERMPRO myhost /B /X=100 /Y=50
TTERMPRO /PIPE pipename ; \\.\pipe\pipename への接続

省略時の値

以下の省略時の値は Tera Term 設定ファイルに保存されています。

<TCP port#>
/B
<speed>
<serial port#>
<file transfer directory>
/H
<kanji code (receive)>
<kanji code (transmit)>
<language>
<macro file>
<telnet flag>
<icon name>
<window title>
<window pos (x)>
<window pos (y)>

[1] <telnet flag> が 1 で、かつ <TCP port#> が 23 のときだけ、Tera Term から自発的に telnet の option negotiation を開始します。それ以外の場合でも Tera Term はホストから送られてきた telnet コマンドに応答することができます。

[2] パラメータの値にスペースや `"' を含めるためには、値全体を `"' で囲んでください。
値に " を含めるためには、連続した `"'("") を指定してください。(バージョン 4.63以降)

/F="C:\Document and Settings\user\My Documents\teraterm\server1.INI"
/W="Tera Term"
/W="""Tera Term"""
/W="Tera;Term"

参照

Telnet 用ポート番号 / 非 telnet 接続用の端末設定