マウス

VT window

マウスホイール
ホイールの回転でスクロールバーを上下させることができます。また、アプリケーションカーソルモード時(viやless等を使用時)には、ホイールの回転を上下のカーソルキーとして送信する事ができます。
タイトルバー上でマウスホイール
ウィンドウのタイトルバー上でホイールを回転させると、ウィンドウの透過値を一時的に変更することができます(この値は保存できません)。
ウィンドウのアクティブ状態が変更されると、設定された透過値に戻ります。
左ボタンでドラッグ
文字列を選択し、それをクリップボードにコピーする。
Alt キーを押しながら左ボタンでドラッグ
長方形の領域内の文字を選択し、それをクリップボードにコピーする。
左ボタンをダブルクリック
1語選択し、それをクリップボードにコピーする。
左ボタンをトリプルクリック
1行選択し、それをクリップボードにコピーする。
右ボタンでドラッグ
文字列を選択し、それをクリップボードにコピーし、さらにそれをホストへ送出する。
DisableMouseRButtonPaste および SelectOnlyByLButton が無効のときに動作する。
右ボタンをクリック
クリップボードの中の文字列をホストへ送出する。
DisableMouseRButtonPaste が無効のときに動作する。
タイトルバーの上で左ボタンをダブルクリック
Term size = win sizeの設定によって動作が変わります。
onの時
ウィンドウのサイズを最大化します。既に最大化されている場合は、もとのサイズに戻します。
offの時
ウインドウサイズ(ウインドウの実際の大きさ)がターミナルサイズ(端末の論理的な画面の大きさ)と異なるとき、ウィンドウサイズをターミナルサイズと同じになるように変更します。その後、もう一度タイトルバーをダブルクリックすると、もとのウインドウサイズに戻ります。
Ctrl キーを押しながら左ボタンをクリック
メニューバーがなければ、ポップアップメニューが現れます。メニューバーを隠すには、[Setup] Window で Hide menu bar を選択してください。
Alt キーを押しながら左ボタンでウィンドウをドラッグ
タイトルバーがない場合、ウィンドウを移動します。タイトルバーを隠すには、[Setup] Window で Hide title bar を選択してください。
Alt キーを押しながら右ボタンをクリック
タイトルバーがない場合、ウィンドウを最小化します。
ファイル/フォルダをドラッグし、ウィンドウにドロップ
ドロップされたファイル/フォルダを、「SCPで送信」「ファイルの内容を送信」「ファイル名をペースト」することができます。
確認ダイアログの表示
ConfirmFileDragAndDrop が on のとき
ドロップするとダイアログが表示されます。
ただし、ダイアログで "次のドロップ時、ダイアログを表示しない" をチェックして OK を押すと表示されなくなります。その後は CTRL キーを押しながらドロップすると、ふたたびダイアログが表示されます。
ConfirmFileDragAndDrop が off のとき
1つのファイルをドロップすると、ダイアログを表示せずに処理します。デフォルトの処理はSend File (Paste content of file)です。
1つまたは複数のフォルダをドロップすると、ダイアログを表示せずに処理します。デフォルトの処理はPaste Filenameです。
これら以外(複数のファイル/ファイルとフォルダ)の場合はダイアログが表示されます。また、上記の場合でも、CTRL キーを押しながらドロップするとダイアログが表示されます。
ダイアログ
ファイル/フォルダをドロップしたときの動作を指定します。
SCP
SCP でファイルを送信します。
SSH2 接続の場合で、ドロップ内容がファイルだけのとき選択できます。
dest
送信先を指定します。
空白の場合はホームディレクトリになります。
注意:"~" は送信先の OS やシェルによって使えないことがあります。
Send File (Paste content of file)
ファイルの内容を端末内に送信(ペースト)します。
ドロップ内容がファイルだけのとき選択できます。
Binary
チェックが入っているときは、ファイルの内容がそのまま送信されます。
チェックが入ってないときは、漢字コード、改行コードは変換されます。
Paste Filename
ファイル名/フォルダ名をペーストします。
Escape
チェックが入っていると次の処理が行われます。
  • パス区切りを "\" から "/" へ変換します。
  • " ;&()$!`'[]{}#^~"の文字を"\"でエスケープします。
Separator is Space
複数ドロップされたとき、ファイル名の区切りはスペースとなります。
Separator is NewLine
複数ドロップされたとき、ファイル名の区切りは改行となります。
同じ処理を次の N 個のファイルに適用
チェックが入っていると、同時にドロップされた残りのファイル/フォルダも同様に処理します。
次のドロップ時、同じ処理を行う
ダイアログの設定内容をメモリに記憶し、次にドロップされたときに利用します。 ダイアログが表示される場合にはダイアログの設定に反映され、 表示されない場合はユーザへ確認せずに同じ処理をします。
設定ファイル(TERATERM.INI)に対応する設定項目は存在せず、保存はされません。
記憶されるのは、処理の種類(SCP/Send File/Paste Filename)です。
次のドロップ時、ダイアログを表示しない
チェックが入っていると、次回のファイルドロップ時にダイアログが表示されなくなり、 ユーザへ確認せずにファイル/フォルダを処理します。
このチェックボックスは ConfirmFileDragAndDrop が off のときのみチェックすることができます。
この設定は ConfirmFileDragAndDrop とは別の設定であり、 [Setup] Save Setup で設定を保存しても保存されません。
この設定をチェックした後でも、たとえば「次のドロップ時、同じ処理を行う」で SCP を選んだあとにフォルダをドロップするなど処理できない(確認が必要な)場合や、 CTRL キーを押しながらドロップした場合には、ふたたびダイアログが表示されます。
中ボタンでドラッグ・中ボタンをクリック
これらのアクションはサポートされなくなりました。

TEK window

左ボタンでドラッグ
画像を選択します。
右ボタンをクリック
VT window と同じ。
Ctrlキーを押しながら左ボタンを押す
VT window と同じ。